Women’s Healt Action シンポジウム

パネリストのご紹介

 

前回の投稿 ところで「健康寿命」ってなに? から随分と間があいてしましましたが…つづきを書いていきます^_^;

では、シンポジウムのパネリストの方々のご紹介をしていきますね。

 

基調講演・パネリスト

吉村泰典 氏(内閣官房参与 慶応義塾大学名誉教授)

3000人以上の不妊症、5000人以上の分娩患者の治療経験を持つ不妊治療のスペシャリスト。日本産婦人科学会・日本生殖医学会会長などを歴任。厚生科学審議会や日本学術会議生殖補助医療の在り方検討委員会委員を務め、日本周産期医療と女性・子ども達を支える活動に取り組んでいる。

 

パネリスト

野田聖子 氏(衆議院議員)

帝国ホテル勤務を経て、岐阜県議会議員に当選。1993年衆議院議員に当選し、郵政大臣・消費者行政推進担当大臣・自民党総務会長などを歴任。2011年1月、10年間の不妊治療を経て50歳で出産、1児の母。少子化対策や男女共同参画、女性の健康や医療制度の整備など生命に向き合う政策に取組む。

 

パネリスト

杉山愛 氏(スポーツコメンテーター 元プロテニスプレーヤー)

元プロテニスプレーヤー。15歳で日本人初の世界ジュニアランキング1位に輝き、17歳でプロ転向後はグランドスラム女子ダブルスで3度の優勝を誇るなど活躍。2009年に34歳で現役を引退後は「アスリートロールモデル」に就任し、世界中の若い選手の指導を行うなど、次世代の育成にも尽力。2011年に入籍し、2015年に第一子を出産。公私ともにさらなる活躍が期待される。

 

パネリスト

江崎禎英 氏(経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課長)

元通商産業省に入省。通商政策を担当した後、元大蔵省で金融制度改革、内閣官房で個人情報保護法案に携わり、EU(欧州委員会)に勤務。その後、ものづくり政策、外国人労働者問題、エネルギー政策を担当、岐阜県出向を経て2012年より現職。再生医療の分野では日本技術力を生かす新法成立に携わり、現在は従業員の健康を大切にする「健康経営」で、企業の競争力向上えお推進する施策を展開している。

 

パネリスト

対馬ルリ子 氏(NPO法人女性医療ネットワーク理事長)

東京大学医学部産婦人科学教室助手、都立墨東病院周産期センター産婦人科医長などを経て、2002年にウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック(現 対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座)開院。女性の心と体、社会との関わりを総合的に捉えた女性医療の実現を目指し、「NPO法人女性医療ネットワーク」を設立。女性の生涯にわたる健康を支えるために様々な情報提供、啓発活動、政策提言などを行っている。

 

総合司会

後藤繁榮 氏(NHK「きょうの料理」アナウンサー)

1975年、アナウンサーとしてNHKに入局。鳥取、富山、札幌、東京アナウンス室を経てNHK放送研修センター・日本語センター専門委員。17年間司会を務める「きょうの料理」(Eテレ)、「生放送!月刊きょうの料理」(Eテレ)、「ラジオ深夜便~第1.3.5土曜日」ほかを担当している。2005年、放送批評懇談会の「ギャラクシー賞」奨励賞個人受賞。著書に『きょうの料理のヒミツ』(平凡社)『後藤アナのダジャレ教室』(小学館)、ベスト新書『笑顔を引き出す会話力』(KKベストセラーズ)がある。

 

 

YOURシアツセンター銀座店 03-3547-6036
東京都中央区銀座3-10-7 銀座京屋ビル8F/営業時間10:00~21:00/水曜定休

YOURシアツセンター川口店 048-224-4988
埼玉県川口本町4-5-8 川口ハウス1F/営業時間9:00~21:00/火曜定休