逆子の状態と治し方

 

『逆子』と聞くと帝王切開を思い浮かべて、不安になるママも多いですね。

でも出産時までに逆子が治らない人は5%程度と少数です。

ほとんどの人は、出産のときには逆子は治っていることが多いのです。

逆子とは、赤ちゃんがどのような状態になっているのでしょうか。

そして、逆子を治す方法とは?

 

逆子の状態は?

通常、おなかの中の赤ちゃんは頭を下にしているのですが、

逆子とは頭を上にしていたり横向きになっていたりする状態をいいます。

出産時は一番大きな頭の部分から産道を通過しないと、赤ちゃんが危ないため、

出産時まで逆子が直らないと帝王切開することになります。

妊娠中期頃までの赤ちゃんは、半分以上が逆子の状態です。

少しずつおなかの中で成長すると、赤ちゃんの頭も大きくなっていきます。

そのため、28週を過ぎる頃にはほとんどの赤ちゃんは逆子が治っています。

 

逆子の治し方は?

♦逆子体操

かかりつけの医師に逆子体操を指導してもらいましょう。

逆子の状態はおなかが張りやすくなっているので、無理をすると早産につながる場合があります。

充分注意してください。

♦マタニティ指圧

逆子を治すツボがあります。35週までであればマタニティ指圧で治る可能性があります。

これまでにも逆子が治ったケースが多数あるのでお勧めです。

 

次回は 妊婦さんのつわり についてお話しますね。

 

YOURシアツセンター銀座店 03-3547-6036
東京都中央区銀座3-10-7 銀座京屋ビル8F/営業時間10:00~21:00/水曜定休

YOURシアツセンター川口店 048-224-4988
埼玉県川口本町4-5-8 川口ハウス1F/営業時間9:00~21:00/火曜定休