今日は、パネルディスカッションの記事内容を掲載します。

パネリストの方々のプロフィール等はこちら Women’s Healt Action シンポジウムパネリストのご紹介 をご覧ください。

『様々な不調を招く女性ホルモンの変調』

 

後藤氏:国を挙げて女性活躍を推進しているいま、若い世代の仕事への意欲が大きく向上するなど、女性の社会進出は大きく進みつつあります。しかし、その一方で女性の健康に対する理解やサポー

トは十分とはいえません。東京大学の大須賀穣教授は「月経時の体調不良に伴う社会的労働損失が年間約7千億円に達する」と語ります。

野田氏:正直にいうと、政治の世界も出産・子育てがしにくく、女性の特性を生かしきれない環境でした。日本の女性政策・健康政策が遅れていることは否めないと考えています。

後藤氏:それでは、対馬先生、女性の健康と密接に関わる女性ホルモンについて教えてください。

対馬氏:ホルモンは体の機能を調整する微量の生物物質。子孫を残すために働くのが、卵巣から出る女性ホルモンと精巣から出る男性ホルモンです。男性ホルモンが精子をつくるために毎日出続けるのに対して、女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類が大きく増減し、月経周期が生まれます。卵子がなくなってエストロゲンの分泌が減少すると、心身は多大な影響を受けますが、これが女性の更年期です。更年期症状を含め、女性ホルモンの変調による不調には低用量ピルを応用した治療法が効果的

。月経前の諸症状の抑制など、様々な目的で使われるようになってきています。

杉山氏:いまはほとんどのトップアスリートが低用量ピルを使って月経をコントロールしています。知り合いの選手は現役時代にずっと使用していましたが、引退後はすぐに妊娠・出産することができました。

対馬氏:「女性ホルモントラブル」へのメディカルケアとしては、ほかに「ホルモン補充療法」「漢方」「抗うつ剤」も。「バランス良い食事」「ウォーキング・ストレッチ」「メンタルケア」「サプリメント」などのセルフケアと両立することも大切です。

つづく・・・

 

YOURシアツセンター銀座店 03-3547-6036
東京都中央区銀座3-10-7 銀座京屋ビル8F/営業時間10:00~21:00/水曜定休

YOURシアツセンター川口店 048-224-4988
埼玉県川口本町4-5-8 川口ハウス1F/営業時間9:00~21:00/火曜定休